新法になった理由は?

現在の借地権は、平成4年に作られた借地借家法に沿った形で契約期間や更新の手段などが定められています。借地借家法が生まれる前は、借地法という法律が基準となっていましたが、現在も旧借地法が適用されていたころの契約は、そのままの状態で適用されるので、契約の際や更新の際には注意が必要です。現在借地借家法と旧借地法は、それぞれ新法と旧法と呼ばれることも多いのですが、わざわざ旧法から新法に変わった理由とは何なのでしょうか。

旧法から新法へと変更された理由として、特に大きな要因とされているのが、貸主よりも借主が有利になる条件が多かったこととされています。例えば旧法では、契約の更新が借主の意思が尊重される内容になっており、貸主に更新の意思がない場合も、借主の都合で更新することが可能でした。そのため借主側が交渉を拒否すると、ずっと土地を貸さなければならず、それを防ぐために新法が新たに適用され、交渉の余地が得られるようになりました。

そのほかにも新法と旧法には様々な違いがありますが、やはり新法のほうが旧法の欠点を見直して、より公平な立場で建物や土地を管理できるようになっています。これから新たに借地権つきの建物を購入したいときは、新法の契約内容の借地権を探すようにしたほうが、トラブルを防ぐことが出来るでしょう。現在所有している不動産が、旧法の元で契約を結んでいる場合は、借主と相談して、一度契約を解消して、新法に基づいた契約を結びなおしてもらえないか相談するのをオススメします。

参考サイト<ピタットハウス>


Comments are closed here.