Archives:

旧法の知識は必要?

借地借家法は、土地を持っている地主側の都合で、建物の存在が脅かされることがないように定められた法律です。これにより土地を持てない方が、土地を借りることで建物を所有することが出来るようになったのですが、現在の借地借家法は、平成4年7月に定められた新しい法律で、新法とも呼ばれています。そうなると過去に適用されていた旧法については、特に知る必要はなさそうにも思えますが、条件によっては旧法が適用されることもあります。

借地借家法の旧法は、平成4年7月31日に新法へと変わりましたが、旧法が適用されていたときに結ばれた契約に関しては、その内容を変更することなく、旧法で定められた条件で契約が継続されます。そのため現在遺産などで建物や土地を相続した際、旧法の借地借家法で契約された建物が土地になる場合は、旧法にのっとった不動産の管理や、更新手続きが必要になります。なので、新法の知識だけ知っていても、旧法の形式を知らないままだと、いざ契約を更新する段階になったときなどに、トラブルが発生する恐れがあります。

旧法についての情報は、現在も利用されることが多いことから、書籍などでも簡単に紹介されていることが多いです。最近だとネット経由で情報を集められるので、契約年数や建物が失われた際の対処法など、基本的な情報は調べておくのをオススメします。さらに不安であれば、法律事務所などで専門家に相談すれば、旧法と新法のどちらが提供されているか、契約トラブルを防ぐための交渉など、色々な支援を受けることが出来ます。