新法になった理由は?

現在の借地権は、平成4年に作られた借地借家法に沿った形で契約期間や更新の手段などが定められています。借地借家法が生まれる前は、借地法という法律が基準となっていましたが、現在も旧借地法が適用されていたころの契約は、そのままの状態で適用されるので、契約の際や更新の際には注意が必要です。現在借地借家法と旧借地法は、それぞれ新法と旧法と呼ばれることも多いのですが、わざわざ旧法から新法に変わった理由とは何なのでしょうか。

旧法から新法へと変更された理由として、特に大きな要因とされているのが、貸主よりも借主が有利になる条件が多かったこととされています。例えば旧法では、契約の更新が借主の意思が尊重される内容になっており、貸主に更新の意思がない場合も、借主の都合で更新することが可能でした。そのため借主側が交渉を拒否すると、ずっと土地を貸さなければならず、それを防ぐために新法が新たに適用され、交渉の余地が得られるようになりました。

そのほかにも新法と旧法には様々な違いがありますが、やはり新法のほうが旧法の欠点を見直して、より公平な立場で建物や土地を管理できるようになっています。これから新たに借地権つきの建物を購入したいときは、新法の契約内容の借地権を探すようにしたほうが、トラブルを防ぐことが出来るでしょう。現在所有している不動産が、旧法の元で契約を結んでいる場合は、借主と相談して、一度契約を解消して、新法に基づいた契約を結びなおしてもらえないか相談するのをオススメします。

参考サイト<ピタットハウス>


旧法の知識は必要?

借地借家法は、土地を持っている地主側の都合で、建物の存在が脅かされることがないように定められた法律です。これにより土地を持てない方が、土地を借りることで建物を所有することが出来るようになったのですが、現在の借地借家法は、平成4年7月に定められた新しい法律で、新法とも呼ばれています。そうなると過去に適用されていた旧法については、特に知る必要はなさそうにも思えますが、条件によっては旧法が適用されることもあります。

借地借家法の旧法は、平成4年7月31日に新法へと変わりましたが、旧法が適用されていたときに結ばれた契約に関しては、その内容を変更することなく、旧法で定められた条件で契約が継続されます。そのため現在遺産などで建物や土地を相続した際、旧法の借地借家法で契約された建物が土地になる場合は、旧法にのっとった不動産の管理や、更新手続きが必要になります。なので、新法の知識だけ知っていても、旧法の形式を知らないままだと、いざ契約を更新する段階になったときなどに、トラブルが発生する恐れがあります。

旧法についての情報は、現在も利用されることが多いことから、書籍などでも簡単に紹介されていることが多いです。最近だとネット経由で情報を集められるので、契約年数や建物が失われた際の対処法など、基本的な情報は調べておくのをオススメします。さらに不安であれば、法律事務所などで専門家に相談すれば、旧法と新法のどちらが提供されているか、契約トラブルを防ぐための交渉など、色々な支援を受けることが出来ます。


借地借家法の違い

建物を建てる際は、当然土地が必要となりますが、土地を所有することが出来なかった場合、土地を誰かから借りて建物だけを建てるという方法があります。このとき借地に建物を建て、その建物の所有権を得るための法律が借地借家法という法律です。借地借家法が生まれたのは平成4年7月のことで、それ以前は借地法という似た法律が適用されていました。どちらも建物の所有にかかわる法律なのですが、その内容は細かく違うので、双方の違いはきちんと把握しておきましょう。

借地借家法の新法と旧法の違いは多岐にわたります。例えば旧法では使用する建材によって契約期間が変わりましたが、新法では一律30年に設定されています。さらに契約期間の延長の際、旧法では建物を所有する借主側の意思が優先されるような内容だったものが、新法では地主側の意思が尊重されるようになりました。また契約内容によって、借地権がいくつかの区分に分かれるようになったので、契約内容次第では、契約完了後に建物を取り壊す必要が出てくることもあります。

現在は新法の借地借家法の下で土地や建物を利用することになりますが、新法が生まれる前に契約した建物と土地に関しては、旧法が適用されることになります。財産を受け継いだときなどに、旧法で契約を結んでいた土地や建物があるケースも考えられるので、知らない土地や建物を所有したときは、法律事務所などに相談して、借地権に関する契約内容を確認しておいたほうが良いでしょう。